たくさんの実習を通して学ぶ「使える」コミュニケーションスキル

BCBベーシックコース

こんな方におススメ!

  • エーブ・ワグナー氏が開発したプログラムに興味のあるあなた
  • 理論や座学ばかりのコミュニケーション講座に満足できないあなた
  • クレーム対応が苦手でつらいあなた
  • 苦手なあの人との関係を変えたいあなた
  • 自分も相手も大切にして人間関係のストレスなく生きたいあなた

この講座のポイント

★ BCBの全体像を網羅している本格的トレーニング、それがこのBCBベーシックコースです。人の行動の背後にある考え方や意味を理解し、人を変えるのではなく人との関係性を変えるためのアイデア/テクニックを、体験実習を通して学びます。
★ 理論だけ、一般論だけ、ロールプレイだけではなく、あなたがお困りの「あなたの事例」を取り上げて、実際どのようにBCBを活用していくかも探ります。
★ 本講座修了者には、Abe Wagner & Associatesとチーム医療ラーニングが「BCBベーシックコース修了証」を発行します。
★ 一度ベーシックコースに参加した方は、今後の同コースに無料でリピート参加できます。安心、安全な練習の場としてご利用ください。

ベーシックコースの内容

オリエンテーション
BCBベーシックコースへようこそ!
ここではコースの全体像、参加者が知り合うためのゲーム、BCBが目指す人間関係などがテーマです。安心して学べるリラックスした環境をご用意します。
1.人の行動を理解する ~自我状態~
私たちは実年齢・暦年齢相応に考え、行動しています。では、なぜこんなことが起こるのでしょうか?
「私の子供の叱り方、お母さんそっくりだった」
「あの人ったらまるで子供みたいにスネるんだから」
これら外から観察できる人の状態を「自我状態」といいます。
ここでは効果的なコミュニケーションが取れる自我状態と、そうでない自我状態を学びます。
2.典型的なコミュニケーションのパターン ~相補交流~
誉められたら嬉しくなる。叱られたらしゅんとなる(または反発したくなる)。
このように自我状態の間でも典型的なコミュニケーションのパターンというものがあります。
これを知っておくと、相手から引き出したい自我状態に、自分の適切な自我状態からアプローチすることができます。
3.非効果的なコミュニケーションのパターン ~相互依存~
一方は与えるだけ、一方はもらうだけ。
一方は考えるだけ、一方はお願いするだけ。
職場や家庭で見られるこのような人間関係のパターン、「二人いるのに一人分の能力や可能性しか使っていない人間関係のパターン」を相互依存と言います。
ここでは相互依存に気づくこととその脱し方を学びます。
4.モチベーションのキー ~ストローク~
私もあなたも、すべての人間が生きていくために絶対に必要なモノが「注目」――あなたはそこにいますね、というメッセージです。
あいさつなどの言語的、目礼などの非言語的なものまでを含めてそれらを「ストローク」と言います。
ここでは効果的なコミュニケーションや人間関係を円滑にするためのストロークの種類を学びます。
また、ストロークを人にあげたり、人からもらったりする体験をしましょう。
5.人の考え方を理解する ~3つのチャンネル~
円柱を横から見た人は「四角形だよ」と言い、上から見た人は「いや円だった」と言います。どちらも正しいですよね。
違っているのは「情報の取り込み方」。
私たちは一人一人「情報の取り込み方」や「取り込んだ情報の整理の仕方」が違います。
そしてそれはコミュニケーションギャップが起きる原因でもあります。
ここでは私たちが「情報の取り込み/整理」に使っている3つのチャンネルを扱います。
6.難しいケースへの対応 ~交差交流&ペース合わせ~
「よりよいコミュニケーションのために交差交流を利用する」と聞くと、交流分析を学んだ方であればあるほど、このBCBのアイデアに驚き、そして練習後に納得されます。
この「交差交流」とNLPの「ペース合わせ」の組み合わせは、攻撃してくる人や見捨てる人、またクレーム対処にとても役に立ちます。
7.建設的なフィードバックのため13の方法 ~ケア・フロンテーション~
Care:ケアする、大切にする、思いやる
Confrontation:直面する
つまり「ケア・フロンテーション」とは相手を大切にしながら、必要なことを伝えたり、問題に直面してもらう方法です。
ここではケア・フロンテーション13種類とBCBのアイデアやテクニックを総動員した総合演習を行います。
題材はあなたが抱える本当の人間関係の課題です。
参加者の力を借りて、実際のアプローチ方法を作ります。
まとめとクロージング
おつかれさまでした!
ベーシックコースを修了した証として修了証を授与します。
コースでの学びを日常で活かしてください。

認定資格

(1)本コースを修了した方は、Abe Wagner & Associatesとチーム医療が「BCBベーシックコース修了者」として認定します。

(2)BCBファシリーテータを目指す方は、BCBファシリーテータ養成講座に参加することができます。

開催スケジュール

BCBについてご不明な点はありませんか? TEL 03-3945-0771 受付時間 9:30‐17:30(土・日・祝日除く)

開催セミナー

セミナーカレンダー

10月 2018
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
« 9月   11月 »
PAGETOP
Copyright © よりよいコミュニケーションのために All Rights Reserved.